Mautic | シナリオ設計(4)キャンペーン動作確認

      2017/08/27

みなさんこんにちはALEXです。さていよいよMauticの目玉機能のキャンペーンつくりの山場です。前回までで、シナリオをもとにキャンペーンを作成しました。

Mautic | シナリオ設計(3)キャンペーン登録

 

キャンペーンの公開設定

メニューから「キャンペーン」をクリックすると、既に登録済みのキャンペーン「資料請求フォーム」が表示されます。この状態ではまだ非公開なので動作していません。

「資料請求フォーム」をクリックして、内容を表示させましょう。

「編集」をクリックして、設定内容を表示させます。

公開状況の部分が「非表示」になっているので、ここをクリックして「表示」に反転させください。その「保存して閉じる」をクリック。

これで無事に「資料請求キャンペーン」が公開されました。このキャンペーンが正確に作成されていたらまさしくオートメーションで集客されます。私も、これがオートメーションで動いたときは本当にMAUTICすごいな!と感動しました。

この後、実際にサイトにアクセスしてキャンペーンが動作するか見てみましょう。

 

キャンペーンの動作検証

フォームの入力・送信

起点となる「資料請求フォーム」が自社のサイトに設定されているかを確認します。

メールアドレス、姓、名を入力して送信します。この画面はテスト確認用なので項目は必要最小にしました。この入力項目は本運用の際は必要な項目を追加してください。

テストアクセスは、gmailのアドレスを使って実施してみました。ポチ。

Mauticのコンソールを見てみましょう。

テストアクセスのダミーコンタクトの履歴がしっかり表示されています。

 

ポイント付与

コンタクトのアクションを確認します。「資料請求フォーム」へのアクセスの後、キャンペーンのロジックに従って、ポイントが付与されれいることがわかるかと思います。

メールの自動送信

キャンペーンに従って、あらかじめ作成したURL案内メールが届いているか、入力した所定のメールをGメールで確認します。

間違いなく受信しています。

アセットのダウンロード

メール本文に記載されたDOWNLOADアドレスをクリックします。ポチ、続いてアセットをダウンロードしました。一連の動作のあと、コンタクト情報を確認します。

画面でも、メールの開封、指定URLへのアクセス、アセットのダウンロードが確認されました。

本当にすごい!!と思いませんか。あらかじめシナリオを設定するだけで、企業サイドはなにもする必要がないんです。あくまでコンタクトが望む動作を行ってくれれば、自動的に動作します。

このパフォーマンスをフリーで提供しているMAUTICはすばらしいです。もっとどんどん使い込んで有料を使ってくださいねということですね。

 

まとめ

上記の通り、正しく入力されたキャンペーンは、まさしく自動化してコンタクトの動向をフォローしてくれることがわかりました。

今後も、このキャンペーンを駆使してマーケティング活動のアクティビティの向上のために役に立つ記事をご紹介したいと思います。

 

ありがとうございます。

 - Mautic