Mautic | 営業職のためのウェブマーケティング活用(2)

   

みなさんこんにちはALEXです。今回も専門職向けの記事を書かせていただきます。営業職、そうです専門職です。セールスのスペシャリストです。需要と供給を結ぶ大切な架け橋として世界経済を回しています。大変ですがやりがいあります、と自動車販売会社のトップセールスマンの鈴木さんはいつもそうおっしゃいます。

前回、GメールとマーケティングオートメーションのMauticを組み合わせて「無料」で見込み客の育成と既存客のフォローを自動化しませんか?というご提案をさせていただきました。

今回は、じゃあ具体的にそれをやってみましょう、というお話です。今回の記事での手順です。

Gメールを準備する

Mauticのアカウントを登録する

GメールとMauticを連携する

という三段階の作業を行いますのでその説明をします。

 

Gメールを準備する

Gmail – Google の無料ストレージとメール

上記のサイトにアクセスして、アカウントを作成の上、メールアドレスを取得してください。

 

Mauticのアカウントを登録する

以下の記事を参考にしてください。

Mauticのアカウント登録

 

GメールとMauticを連携する

Mauticの現在のバージョンではGメールでから送信したメールをChromeの拡張機能を利用して追跡することが出来ます。以下の機能が使用できます。

・Gメールから送信したメールのみ追加できる。

・Mauticで登録しているコンタクトのログにメールを送信した記録が残される。

・Crhomeのツールバーから、Mauticにアクセスしなくてもどういった操作・行動を行ったか確認できる。

・メール本文は記録しない。

 

Mautic準備

Mauticにログインし、管理画面から「プラグイン」をクリック。

画面から「Gmail」のアイコンをクリック。

Gmailプラグインの設定画面が表示されるので「公開」―「はい」、「Gmail Extension Secret」に英数字で任意の文字列を入力します。必ず記録してください。「保存して閉じる」をクリック。

 

ChromeにMautic用拡張機能を追加する

ブラウザはChromeを使用します。コンシューマ向け「Chromeウェブストア」を使用して機能を追加することが出来ます。「Chromeウェブストア」で「Mautic Helper」と検索し、「Crhomeに追加」クリック。インストールが終了するとMautic Helperの設定画面が新しいタブで開きます。

設定画面では

Enable checking for events : ON

Mautic URL : Mauticに登録されているURL

Mautic Secret : 先ほど入力した「Gmail Extention Secret」

Refresh interval:デフォルト

動作確認

Gメールの新規作成画面を開き、メールを作成します。画面の赤枠部分にチェックを入れ、メールを送信します。

 

送信する相手のメールアドレスをMauticのコンタクト情報に記録している必要があります。登録していれば、Mauticのコンタクト画面で。メールを送信していることがわかります。登録されたコンタクトを開くと、下図のようにログが表示されます。さらに赤枠のメールアイコンをクリックすると詳細情報が表示されます。

 

Chromeツールバーに、Mauticロゴが表示されています。Mauticロゴをクリックすると直近の活動を確認することができます。

お疲れ様でした。これでGメールの送信情報をMauticと連携して情報を追跡することが出来るようになりました。「Gmail」と「Mautic」が連携できるのはいいけれど、これからどうするの?その通りですね。次は、複数の顧客にメールを一斉送信する方法を解説します。

いよいよメールマーケティング本番です。

有難うございました。

 - Mautic