サイト運営者がなぜアクセス解析をしなければならないのか?

ブログをまめに更新していれば、アクセスアップして売上に貢献しますよ。といわれたのに。という声をよくうかがいます。

今回はなぜアクセス解析が必要なのか?

そしてそれはどうすればいいのか?

をご説明します。

 

アクセス解析の目的

効率良くアクセスを集めるため、です。

しかし、アクセス解析は設定に時間がかかる、また解析しても有用なデータが得られにくい、という理由で重要視されていないケースが多いです。

なんて、もったいない!

これほど、正確性が高く、様々な情報が得られるのです。

アクセス解析を実施しているサイト運営者は熟練すると、ユーザの動向が手に取るように把握できるのです。

そして、その動向をサイト、ブログ運営にフィードバックするのです。

・今日のPV数はどれくらい?

・どの記事にアクセスしているのか?

・どのエリアからアクセスしているのか?

だけではありません。

記事を書く

アクセス解析する

解析結果をもとに記事を書く

アクセス解析する

・・

を繰り返すのです。PDCAを回すのです。

アクセス解析は有用なPDCAツールなのです。

このPDCAを回し続けることで、アクセスを集めるための労力が少なくなり、効率が高まります。

 

アクセス解析の方法

アクセス解析は有料、無料沢山ありますが
様々なツールがありますが、Googleアナリティクスだけでも十分通用します。

アクセス解析を行うときは、下記のデータをしっかり調べてください。

・各記事のPV数
・各カテゴリーのPV数
・検索キーワード
・経由サイト
これらよっつの情報をしっかり入手し、連続的な傾向を把握していくことで、次の記事作成のときに、どんな記事を書けばよいか自然と頭にはいるようになります。

アクセス解析をしないで、感覚で記事を書くのはとても非効率です。

何もデータを確認せず、
「この記事アクセスが集まりそうだな」と
感覚だけで取り組んでいると効率が悪いままです。

アクセス解析はPV数を確認するだけではなく、アクセスを効率良く集めるためのツールです。

 

しかも、無料。使わないてはありません。